マイページ
どんぐり(マニア区案内人)
獲得バッジ11
バッジ一覧
参加中のコミュニティ
うつわ区
プロフィール
このコミュニティでの
どんぐり(マニア区案内人)さんの投稿した総数
78
ニュースに投稿しました。
街中がすっかりクリスマスに色づく季節になりました。 おうちで「そろそろクリスマスの準備を始めようかな?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 私もクリスマスらしい食器を新調したいな、と思いつつ、「クリスマスが終わったら出番がなくなるうつわは保管が大変だな…」とも思うのが悩みどころです。普段使いできて、クリスマス感も演出できるうつわがあれば、そんな悩みも解決!ということで、普段の食卓にプラスするだけでクリスマス感のある演出ができるうつわをどんぐり目線で集めてみました。 洋食器はもちろん、鮮やかな赤や緑の和食器、テーブルに置くだけで楽しめるサンタさんの木製人形や、キャンドルホルダーもラインナップに入っています♪ 私がおすすめしたい選び方は… ①朝食に使うサラダボウルに、レッドのものをチョイス!【e.デパートへはこちらから】②ほっと一息つくときに、レッド&グリーンのクリスマスカラーお湯飲みをチョイス! 【e.デパートへはこちらから】③食器棚にゆとりがない…という場合はキャンドルホルダーやサンタさんの人形をテーブルに飾ってみる!【e.デパートへはこちらから】 皆さまだったらどうやってコーディネートしますか??ぜひ、皆さまのご自宅のクリスマスコーディネートも見せてください!   ※2022年11月21日(月)時点の情報となります。商品情報などは変更となる場合がありますので、詳しくはリンク先のURLをご覧下さい。 ※掲載商品のお取り扱いが終了している場合は、リンク先のURLにアクセスができませんのでご了承下さい。 ※e.デパートでのご購入には7iD会員登録(無料)が必要となります。■ 西武・そごうの公式ショッピングサイト「e.デパート」 うつわ区クリスマス特集 ★詳しくは画像をクリック!★
ニュースに投稿しました。
西武池袋本店で開催中の「ビンテージのうつわでおうちティータイム~ミニ骨董マーケット~」前回ご紹介した「アンティークブルトン」と「マンダレイ」に加えて、「アビーロード」も展開がスタートしました。「アビーロード」は見て楽しむだけでなく、使って楽しめるうつわやカトラリーなどを幅広く取りそろえているお店です。今回は「アビーロード」の商品の中から見つけた、「幸運を呼ぶ陶器人形」をご紹介します。 ■フェーブフランスの小さな陶器人形、「フェーブ」。 フランスでは毎年1月6日の「公現祭(エピファニー)」というキリスト教の記念日に、「ガレット・デ・ロワ」というお菓子を食べる風習があります。このガレット・デ・ロワの中にフェーブを入れて、おみくじ感覚で楽しむのがフランス流の新年の楽しみ方。フェーブが当たった人は祝福を受けてその日1日の「王様or女王様」になり、1年間幸せに過ごすことができると言われています。 フランス流に新年のお祝いに使うのはもちろん、この小さなサイズ感はインテリアとして飾ってもかわいい✨お気に入りの一体を探してみてはいかがでしょう?   その他にも、目移りしてしまう魅力的なうつわがたくさん!クリスマスの準備にもぴったりです。いくつかご紹介します。 お気に入りのうつわに囲まれて、素敵なクリスマス&新年をお迎えください♪※各商品とも、完売次第終了となります。予めご了承ください。  【ビンテージのうつわでおうちティータイム~ミニ骨董マーケット~】 ■会期:2022年11月8日(火)~22日(火) ■会場:西武池袋本店7階(中央A7)=インテリアフロア 特設会場 ※最終日11月22日(火)は、当会場のみ午後5時にて閉場いたします。 【関連記事】
ニュースに投稿しました。
西武池袋本店で開催中の、【British TeaTime Fair~Burleigh(バーレイ)・英国雑貨~】。うつわだけでなく、歴史ある「ダルメイン」のマーマレードもイケセイに登場しています✨「ダルメイン」は、イギリス湖水地方でヘーゼル家が17世紀から所有し暮らしている邸宅の名称です。この邸宅では、17世紀から伝わるマーマレードのレシピが現存していたり、世界最大のマーマレードコンテスト“The Dalemain World Marmalade Awards and Festival”を主催するなど、マーマレードと深い結びつきがあります。今でも伝統的な作り方を続けている「ダルメイン」のマーマレードが池袋で手に入るのは見逃せない!と思い私も行ってきました。naoさんがご購入くださった「ジェーンズマーマレード」をはじめ数種類ありますが、私が選んだのはこちら↓ クリスマスマーマレードです🎄 秋冬限定のマーマレードで、ポートワインとクランベリーを使用しており、セビルオレンジピールが大きめのカットでごろごろ入っています✨シンプルにフランスパンと一緒に食べてみると、ワインの風味と果物の甘酸っぱさが広がってとてもおいしかったです😋オレンジピールもたくさん入っているので、食べ応えも◎! そして、絶対に試してみたかったのが、紅茶に入れてみること。一緒に買ったイングリッシュブレックファーストの紅茶と、バーレイのマグカップで至福のティータイム💕とても幸せな気持ちになれました。まだ余っているマーマレードで、次はどんなアレンジをしてみようかと思うとワクワクします!  ご紹介したクリスマスマーマレードやその他の種類のマーマレード、一部の紅茶などが 西武・そごうのショッピングサイト「e.デパート」でもお買い求めいただけます! 【e.デパートへはこちらから】※2022年11月10日(木)時点の情報となります。販売価格などは変更となる場合がありますので、詳しくはリンク先のURLをご覧下さい。 ※掲載商品のお取り扱いが終了している場合は、リンク先のURLにアクセスができませんのでご了承下さい。 ※e.デパートでのご購入には7iD会員登録(無料)が必要となります。今回の期間限定ショップは、11月15日(火)まで開催しています。美しいうつわやおいしいマーマレードで、素敵なおうち時間を過ごしてみませんか? 【British TeaTime Fair~Burleigh(バーレイ)・英国雑貨~】 ■日程:11月2日(水)〜15日(火) ■会場:西武池袋本店 4階(中央A7)=イベントスペースNEWS ※最終日11月15日(火)は、当会場のみ午後6時にて閉場いたします。 【関連記事】
2
ニュースに投稿しました。
半期に1回開催されている、「暮らしの中の骨董マーケット」の出店店舗から、ビンテージの洋食器を取り扱う2店舗をピックアップ!「ミニ骨董マーケット」が本日11月8日(火)より開催中です。 うつわ区でも何度かご紹介させていただいた2店舗にご出店いただいております! 1店舗目は、西洋アンティークの第一人者、岩崎紘昌先生の「アンティークブルトン」 2店舗目は、 ロイヤルドルトン、ロイヤルアルバートなどの英国の陶磁器を取りそろえている「マンダレイ」 どちらの店舗も素敵なカップ&ソーサー、マグ、プレートなどのテーブルウエアを取りそろえています。これからやってくるクリスマスに合わせて選ぶのもおすすめ✨すべて1点ものの逸品のなかから、自分だけの特別な一品を見つけてみてください! ※各商品とも、完売次第終了となります。予めご了承ください。 【ビンテージのうつわでおうちティータイム~ミニ骨董マーケット~】 ■会期:2022年11月8日(火)~22日(火) ■会場:西武池袋本店7階(中央A7)=インテリアフロア 特設会場 ※最終日11月22日(火)は、当会場のみ午後5時にて閉場いたします。【関連記事】※関連記事の情報は掲載時のものになります。
3
ニュースに投稿しました。
11月30日(水)から、西武池袋本店7階「くらしのぎふと」にて、「角漆工 POP UP SHOP」が開催されます。今回は、角漆工、角光男さんの工房にお邪魔して、お話を伺ってきました。 根強いファンも多い、角さんの作品の魅力を紐解いていきます! ――角さんは、「世の中に1つしかないもの」を作ることを志していらっしゃると伺いました。そのきっかけとなった出来事はありますか?約30年前、とあるデパートにて修理の承りで出店したことがありました。修理の過程で余った漆を、遊び半分でうつわに塗ってみたんです。そのまま非売品の棚に置いていましたが、お客さまから「販売しないのか」とお声掛けをいただきました。その場で値段をつけてくださったので売約済の棚に置いておきましたが、さらに別のお客さまも「これが欲しい」と。喜んでもらえるものが良いものなのだと、感じた出来事でした。 ――作品を作られている中で、他にこだわっていることは何ですか?国産の漆を使うことですね。良いもの、丈夫なものを作るために、使い続けています。なめらかに塗るのは非常に難しいので、薄く、何回も何回もこするようにして塗り重ねていきます。日本の漆の生成技術は高く、質も良いので仕上がりが非常に良くなるんですよ。――今まで漆器を作られてきた中で、印象に残っている作品はありますか?特定の作品というわけではありませんが、昔作ったものの修理依頼を受けるのは感慨深いものがあります。もう30年続けていますので、たまに20年前に作ったものの修理依頼がくると、身内が戻ってきたみたいな感覚になりますね。――今後、「こういうものを作りたい」という構想がありましたらお伺いしたいです。 うつわ以外でも、何か漆で役に立つものを作りたいですね。漆には抗菌作用があるので、その作用を生かした何かを作りたいと考えています。作品を作る際に私が大事にしているのが、「捨てない発想」です。遊びでつくったものが作品作りに繋がっていったように、そういったものからいつか、人間の役に立つものへと反映できたら良いと思います。――最後に、11月末からの期間限定ショップを楽しみにしているお客さまへコメントをお願いいたします。ぜひ、店頭で実際に商品を触ってみてください。同じ商品でも、人によって感じ方は異なってきます。自分がそのうつわを触ってみてどう感じるか、直に体感していただきたいと思います。うつわの工房をお邪魔したのは、今回が初めてだった私どんぐり。作品が生み出される場所というのは、とてもエネルギーに満ちた空間だなと感じました。角さん、ご協力いただきありがとうございました! 期間限定ショップは、11月30日(水)からスタートです。漆の手触りを体感しに、ぜひ池袋へお越しください!【東京都】角漆工 POP UP SHOP ■日程:11月30日(水)〜12月6日(火) ■会場:西武池袋本店 7階(北B2)=くらしのぎふと    ※最終日12月6日(火)は当会場のみ、午後5時に閉場いたします。★おまけ画像★ 捨てずに取っておいたという漆で、花や木の実などをコーティングした飾りがたくさんありました。どんぐりを漆でコーティングしたものがあったのでパシャリ📷複雑な模様がとても美しかったです。
ニュースに投稿しました。
本日11月2日(水)から、佐倉マナーハウスのバーレイ・英国雑貨フェアが開催中です。西武池袋本店の店内は、一気にクリスマスに染まりました。仕事終わりに買いに行きたくてウズウズしている案内人どんぐりが会場で出会った、クリスマスにもぴったりな英国のうつわをご紹介します。■バーレイまずはこちら、今回の主役!バーレイのうつわ✨異なる色も見事に調和するバーレイは、コーディネート初心者の方にもオススメ♪お好きな色で自分なりの組み合わせを作ってみてはいかがですか?ちなみに緑好きな私は、複数の緑を組み合わせたいな…と想像中です。■ビンテージ食器佐倉マナーハウスから、英国老舗ブランドのビンテージのうつわたちも勢ぞろい! 美しいプレート、グラス、カップ&ソーサー…どの子をおうちにお迎えするか、迷ってしまいます。■紅茶紅茶の缶はとにかくかわいいです! 「不思議の国のアリス」が大好きなので、終始デザインに見とれていました。大好きな場面を描いている缶も魅力的ですが、クリスマスデザインも欲しい…悩みます。他にも種類があるので、ぜひじっくり選んでみてください。池袋での期間限定ショップは、11月15日(火)までです。私も仕事が終わったら早速行きたいと思います!※アンティーク商品などは在庫に限りがございます。 【British TeaTime Fair~Burleigh(バーレイ)・英国雑貨~】 ■日程:11月2日(水)〜15日(火) ■会場:西武池袋本店 4階(中央A7)=イベントスペースNEWS ※最終日11月15日(火)は、当会場のみ午後6時にて閉場いたします。 【関連記事】
4
ニュースに投稿しました。
本日10月12日(水)より、西武池袋本店の催事場がリニューアルオープンしました!スタートを飾るのは、「第56回 京都名匠会」。うつわ区では、「やまなか雅陶」の京焼・清水焼の中から、ふたりの作家さんのうつわをご紹介します。■森里 陶楽(もりさと とうらく)さん「三島(みしま)」と呼ばれる釉薬の細かな割れを生かした手法を使ったうつわです。使い込めば使い込むほど、自分だけの風合いに変化していくのが、うつわ好きにとって嬉しいポイント♪ そして特徴的なのが、レース装飾のような、洋を感じるデザインです。その繊細な文様はひとつずつ、丁寧に刻まれています。同じかたちのうつわでも異なる表情の違いにぜひ注目してご覧ください。■加藤 雲泉(かとう うんせん)さん 雲泉窯の特徴は、京焼・清水焼らしい色合いにあります。この多彩な色合いは、「和絵具」という天然素材を発色させることで生み出されます。また、飲み口の角を作るのに使われているのは、ろくろで形を作ったあとに型で成形するという、伝統的かつハイレベルな技術。鮮やかな色彩とともに、高度な技術で作られたその形状もお楽しみください!成形、色彩、その表現方法がひとつでなく、様々な作り方があるのが「京焼・清水焼」の特徴です。今回ご紹介したうつわ以外にも多種多様なうつわを堪能できるので、ぜひ「京都の美」を体感しにいらしてくださいね!【第56回 京都名匠会】  ■会期:2022年10月12日(水)~18日(火) ■会場:西武池袋本店7階(南)=催事場※最終日10月18日(火)は、当会場のみ午後4時にて閉場いたします。西武池袋本店7階「くらしのぎふと」(北B2)でも、18日(火)まで清水焼・京漆器を特集しています。合わせてご覧ください!
ニュースに投稿しました。
佐倉マナーハウス取材シリーズ、最終回はイギリスのうつわの歴史を感じるお話をお届けいたします。※写真撮影の際のみ、マスクを外しております。 【前回までの記事はこちらから】■イギリスのうつわの魅力イギリスはティー文化の影響が大きく、茶器に対する思い入れも強いため、昔から多くの陶器工場がありました。その作り方は磁器の材料不足の際はボーンチャイナを作るようになるなど、時代に応じて変化し続けています。変化の一方で、伝統的な作り方を続けているブランドもあり、変わらず良いうつわに出会えることが多いというのも、イギリスのうつわの魅力のひとつです。 佐倉マナーハウスでも、取り扱うブランドは「伝統的な作り方をしているブランド」にこだわって選定されています。 ■歴史を感じるアンティークアンティークは、そのうつわ、ブランドがどのような変遷をたどってきたのかを知ることができます。例えば、こちらのシュガーボウル。左側が古いもの、右側に新しい時代ものを並べました。 かつての貴族は、来客に対し、シュガーボウルに山盛りの砂糖を出してテーブルにのせることがおもてなしの一環でした。しかし、使い勝手を考えると大きすぎるのもまた事実。そのため、時を経るに従い、段々と小さいサイズのものがメインになっていったそうです。 こうしてうつわの歴史背景まで感じられると、その時代にタイムスリップしたようでワクワクしませんか?新旧様々なうつわとの出会い…さあ、11月にはどんな出会いが待っているのでしょう?乞うご期待ください!出張マニア区は今回で最終回となりますが、11月のPOP UPに向けて、さらに事前情報を発信予定です。引き続きお楽しみに!■こぼれ話 その③一見おしゃれな棚に見える舟形の棚。もしかして本物…?と思い伺ってみると、何とこちらはアンティークの舟を作り変えたそうです。舟も好きなのでときめいてしまいました。棚にまでこだわりがつまっています! ※掲載情報、画像は9月21日(水)時点のものになります。在庫状況等は変動しておりますのであらかじめご了承ください。   【British TeaTime Fair~Burleigh(バーレイ)・英国雑貨~】 ■日程:11月2日(水)〜15日(火) ■会場:西武池袋本店 4階(中央A7)=イベントスペースNEWS  ※最終日11月15日(火)は、当会場のみ午後6時にて閉場いたします。 
2
ニュースに投稿しました。
西武池袋本店で開催中の「東京カレーカルチャー」もいよいよラストスパート。今回は「カレー細胞」さんこと松宏彰さんイチ押し、カレー区でも話題となっているうつわをご紹介します!■セラドン焼きセラドン焼きとは、タイで700年前から続いている伝統的な高級陶器で、高温で焼き上げた美しい翡翠色と繊細な模様が特徴のうつわです。使用しているのは全て天然の原料のみで、職人が一枚ずつ手作りで作っています。食品サンプルでカレーが盛り付けられている様子が再現されていましたが、実際合わさっているところを見ると、カレーにピッタリなことがよくわかります!厚手で丈夫に作られているだけでなく、なんと電子レンジや食器洗浄機もOKという優れもの。食卓をおしゃれに彩るだけでなく使い勝手も良いのは、うれしいポイントですね。滑らかな手触りを体感しながらうつわを選べるというのも、貴重な機会だと思いました。この滑らかさ、画面を通じてお伝えできないのが惜しいです! 皆さんもぜひ、店頭で実際にお手に取ってご覧ください!  【東京カレーカルチャー】 ■会期:2022年9月14日(水)~10月4日(火) ■会場:西武池袋本店3階(南B10)=イベントスペース スプリットリング 【関連記事】 ■カレーが映えるお皿って…?【第5弾・東京カレーカルチャー情報】
もっと見る
投稿の報告
「マニア区」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる
マニア区では機能実現・改善のためにCookieを使用しています。