マイページ
参加中のコミュニティ
カレー区
プロフィール
カレー区マスターオブマニア(MOM)認定 あらゆるカレーと変な生き物の追求。 生まれついてのスパイスレーダーで日本全国・そして海外あわせ4000軒以上のカレー屋を渡り歩く。 西武池袋「東京カレーカルチャー」プロデュース。その他雑誌・TVのカレー特集協力も多数。
このコミュニティでの
カレー細胞さんの投稿した総数
16
見つけた!に投稿しました。
2022/04/03 10:48
六本木ヒルズで凄いカレーと出会いました。 3/26〜5/8まで開催中の「六本木ヒルズ カレーグランプリ」にイタリア料理の名店「ヒルズ・ダルマット」が参戦。 カレー専門店の発想を越えたカレーを提供しています。 『山形牛ホホ肉とすりたてトリュフのリッチな赤ワインカレー ~4種キノコのリゾットと共に~』 まず、お皿が現れると同時に香り立つトリュフの香りが堪りません。 カレーは予想以上に濃厚な赤ワイン風味。山形牛も用いたフォンドヴォーの旨味に加え、葡萄の酸味とオトナっぽい渋味が溢れています。 そして中央に鎮座するのは希少な山形牛のほほ肉。 ほろり柔らかなのに加え、しっとりねっとりとしたコラーゲン感も抜群。煮込んでなお圧倒的な素材感をアピールしているんです。 一方のリゾットにはスライスされたトリュフの他にマッシュルーム、椎茸、舞茸、アワビ茸が混ぜ合わされており、香りのミクスチャーが楽しい仕上がり。 これだけでいくらでも食べられます。 添えられたリコッタチーズには燻製オイル、 らっきょも赤ワイン漬けと、ディテールに至るまで渾身の一皿。 もちろんオススメは赤ワインとのペアリングです。 『アマローネAmarone della Valpolicella 2015』 干し葡萄寸前まで寝かせた葡萄で作る、深度ある味わいの赤です。 さらにサラダ代わりにいただいたのがこちら。 『水牛のモッツァレラチーズと産直フルーツトマトのカプレーゼ』 「美味しんぼ」にも登場する石山農園のフルーツトマト。 極限まで水を与えず空気中の水分を吸って育ったトマト。 赤みがとにかく鮮烈。 そして甘味の強さに驚きです。 上からかけられているバルサミコソースも25年モノ。贅沢な深みです。 カレー、ワイン、カプレーゼと、同じ赤ながら三者三様のベクトル。 この組み合わせはまさに鉄壁といえましょう。 食後の口直しはこちら。 『自家製濃厚ジェラート(ヨーグルト)』 シチリアのレモンそして塩を加えたジェラート。 スッキリの極み。 たかがカレー、されどカレー。 贅を尽くし、技を尽くせば、カレーはここまで特別なご馳走になるのです。 これは本当に凄い。 逃したら後悔しますよ。
1
見つけた!に投稿しました。
2022/02/26 09:12
イケセイで2/16〜3/8まで開催中の東京カレーカルチャー B 1お食事ちゅうぼうに登場したのは先日マツコの知らない世界でもご紹介した大阪「スパイスカレー43」 ポップでキャッチーなビジュアルと裏腹な本格派。 ドライ&ウェットスタイルカレーの洗練の極みです。 まずいただくのはドライキーマ。 粗挽きポークにホールスパイスが効いた本格派。 そこに皮まで食べられる瀬戸内のエコレモンが刻まれてトッピング。 この酸味が鮮烈な印象で、肉にめちゃくちゃ合うんです。 一見お皿の色かと見間違える下部の薄緑は枝豆ポタージュ。 これ、カレーじゃないのがミソなんです。 (もちろん味噌でもない) 一口食べれば、想像以上に枝豆。 「わっ!枝豆!」と言うこと間違いなし。 このポタージュの海に、ドライキーマを崩して混ぜれば魅惑の味変が生まれるんです。 最初別々にいただくからこそ楽しめる、それぞれの個性の掛け算。とにかく幸せです。 そしてさらに! トップのスパイス卵を割って黄身をとろーりと流し込めば、さらなる味変へ。 ファーストアタックのキーマ、 セカンドアタックのポタージュ、 サードアタックの混ぜ合わせに、 フォースアタックの卵崩し。 シンプルなカレーなのに4回楽しめる。 これは素晴らしい「食のデザイン」と言えましょう。 #東京カレーカルチャー
1
もっと見る
投稿の報告
「マニア区」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる
マニア区では機能実現・改善のためにCookieを使用しています。