うつわ区ニュース
  1. TOP
  2. うつわ区トップ うつわ区ニュース 栗盛俊二先生インタ...
2021/11/13

栗盛俊二先生インタビュー①栗久のおひつ 誕生秘話

10月9日にご紹介した栗久のおひつを制作していらっしゃる、大館曲げわっぱ伝統工芸士、栗盛俊二先生にお話を伺いました。4回に分けてお届けいたします。1回目の今日は、おひつ誕生についてのお話です。


初めて栗盛先生がおひつを販売したのは、約20年前、とある百貨店の東北物産展でした。結果は好評で1年後、再び物産展に出店した際、栗盛先生の目に留まったのは、お客様が持参したおひつの隅が、真っ黒になってしまっている様子でした。

本来、木の道具とは、余分な水分を取るためのもの。「おひつにご飯を移し、水分を取り、居間におひつを運んでからお茶碗に盛り付ける」という習慣のある人は減り、電気炊飯器の時代において、白木の商品の使い方を知らない世代が増えていたのです。

そこで栗盛先生が取り掛かったのは、「使い方を知らなかった人にとっても使いやすく、商品状態も維持できる商品」の開発でした。「隅丸加工」というその加工は、ダムのようにアール状に削り、さらにリングの部品を作ってはめ込んだ加工で、これにより「ごはんをすくいやすく、使った後は洗いやすい」おひつが誕生したのです。

隅丸加工 画像だと少しわかりにくいですが…

  

ここで、白木の商品のお手入れ方法、「湯切り」のやり方を簡単にご紹介します。


熱めのお湯でこびりついたごはんをふやかし、木目にそって洗う

やけどに注意しながら全体に再度お湯をかけ、木の中に含んだ水分を、水蒸気で取り除く

残った水気をふき取り、上に向けておく


水分を取るためには伏せておきたくなってしまいがちですが、必ず上に向けて置いておくのがポイントです。

「使いやすいものとは、知恵を伝える手段です」

時代が変わり、習慣とされていたことが廃れていくなか、昔からの知恵を伝えるためには、使いやすい道具が必要だという栗盛先生のお話が印象的でした。


次回は、商品のバリエーションについてのお話をお届けします。

■おひつ 浅型3合(栗久):税込55,000円

□ 西武池袋本店7階(北B2) くらしのぎふと

クリップ
4件の「いいね!」がありました。
4件の「いいね!」がありました。
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「マニア区」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる
マニア区では機能実現・改善のためにCookieを使用しています。