日本酒酒蔵巡り区ニュース
  1. TOP
  2. 日本酒酒蔵巡り区トップ 日本酒酒蔵巡り区ニュース ワールドワイドに大...
2022/08/31

ワールドワイドに大活躍!山口県の日本酒

山口県といえば、日本酒業界で最も勢いがある県!ここ10年で最も日本酒の出荷量が増加した県なのです。日本酒酒蔵巡り区で初めて取材をさせていただいたのも、“五橋”でおなじみ岩国市の酒井酒造さんでした。今回はそんな日本酒酒蔵巡り区にもゆかりのある、山口県の日本酒にスポットを当てていきたいと思います。


特徴①:独特の風土

山口県は本州の最西端に位置し、周りを瀬戸内海、日本海、関門海峡に囲まれています。県中央部には日本最大級のカルスト台地である秋吉台があるなど、自然環境が特徴的。地域によって気候は大きく違いますが、名産であるふぐ(現地では“ふく”と呼ぶそうです。)をはじめとした海産物に合わせやすいお酒が多いといわれています。  


特徴②:取り組みの成果

「日本酒復権の、のろしを上げよう」を合言葉に、酒蔵と酒造組合が一体となり地道に品質の向上とブランディングに努めてきた結果が、出荷量が増加に結び付いていますね。かつては「淡麗旨口」が特徴といわれていた山口県の日本酒ですが、近年は酒蔵ごとの個性が際立ち、国内外で高い評価を受ける銘柄が数多く生まれています。


人気の銘柄が多く、さまざまな個性を楽しめる山口県の日本酒。私もお店で巡り合えた時は、すかさず購入しています。日本酒復権ののろしは上がりました!あとは私たちが存分に味わうだけです。皆さまも山口県の日本酒を飲まれた時は、ぜひ教えてください!!


■山口県の日本酒に関する過去の投稿

【nao さんがオンライン日本酒講座で飲まれた一本】

【SATOSHI/#天美ニスト さんがご紹介する一本】

【しるく さんが季節外れの鍋料理と楽しまれた一本】

【案内人らっきょ が思わず買ってしまった一本】

すっかり味の虜に…【イケセイ愛しの日本酒リレー⑫】

好奇心が原動力!挑戦は「当たり前」 酒井酒造インタビュー【前編】 

シンボルは美しい五つのアーチ!岩国の魅力に迫る 酒井酒造インタビュー【後編】

山口県の酒米で醸す一本 酒井酒造インタビュー


  ※飲酒運転ならびに20歳未満の方の飲酒は、法律により禁じられています。  

クリップ
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「マニア区」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる
マニア区では機能実現・改善のためにCookieを使用しています。