日本酒酒蔵巡り区ニュース
2021/12/17

奥能登で250年の歴史 宗玄酒造インタビュー

今回は奥能登の地酒「宗玄」でおなじみ、宗玄酒造の栃平さんにインタビューをいたしました。宗玄酒造のこだわりや、栃平さんおすすめの一本などを伺いました。


「旨い酒」を最優先に考える

奥能登最古の酒蔵

宗玄酒造の祖先は戦国時代、七尾城主を務めた畠山義春の一族です。1557年に上杉謙信の城攻めに遭い、この珠洲に逃れて宗玄と改姓し、1768年に酒蔵を興しました。以来、地元杜氏が地元の水と米を使い、地元の人々のためにコツコツと旨い酒を醸してきました。


「昭和蔵」と「平成蔵」

蔵では平成10年に、従来の明和蔵に隣接して鉄筋5階建ての平成蔵を新設しました。そのため蔵では、造り慣れた普通酒や本醸造は従来の明和蔵で、高品質化を図る吟醸酒、純米酒などの高級酒を平成蔵で造るという分離生産にしました。平成蔵では仕込みタンクを小型化し、仕込みから貯蔵まで徹底した冷房設備を完備しました。生産量が減りコストがかかっても旨いお酒を造るという思いでいます。

「宗玄 新酒 しぼりたて生原酒」

もち米を使用した「4段仕込み」

私のおすすめは「宗玄 新酒 しぼりたて生原酒」です。多くの日本酒は3回に分けて仕込むのですが、こちらは4回に分けて仕込み、4回目でもち米を使用するのが特徴です。しぼりたてで濃厚な、甘みがあってキレのよい飲み口です。50年以上も前から販売している人気商品で、飲みやすいお酒ですよ。


宗玄酒造は奥能登珠洲で、酒造り250年能登最古の蔵元です。地元杜氏が手間ひまをかけて丁寧に醸し、力強い味わいですっきりと切れるお酒です。宗玄酒は食中酒と考えておりますので、あらゆる料理と合わせることで料理もお酒も美味しく楽しんでいただけたらと思っております。


興味をそそる4段仕込みやもち米…すぐに飲んでみたくなりました!皆さまも「宗玄」を飲まれましたら、コメント欄などで感想をお寄せください。お待ちしております! 


12月21日(火)まで 、西武食品館地下1階(中央B7)=スイーツ&ギフト 酒売場におきまして、宗玄酒造の販売会を開催中です。

【12月 日本酒・焼酎販売会スケジュールはこちらから】


※飲酒運転ならびに20歳未満の方の飲酒は、法律により禁じられています。


#日本酒 #日本酒酒蔵巡り区 #酒蔵巡り #酒蔵めぐり #地酒 #蔵元 #マニア区 

クリップ
6件の「いいね!」がありました。
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「マニア区」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる
マニア区では機能実現・改善のためにCookieを使用しています。