カレー区ニュース
2021/10/10

カレーキュレーター・カレー細胞さんに聞いてみた!~カレーへの目覚め~

松宏彰さんはこうして「カレー細胞」さんになった!

西武池袋本店で開催中のイベント「東京カレーカルチャー」を監修されている、「カレー細胞」こと松宏彰さんにお話を伺いました。ほぼ毎日カレーを食べ、情報を発信し続けているという松さん。今回は松さんが、なぜここまでのカレー好きになったのかについてお聞きしました。

はじめて常連になったのは高校時代

ここまでカレーを好きになった理由は、大きく2つあります。1つ目の理由は、僕は生まれてから高校を卒業するまで神戸に住んでいました。高校時代、学校と駅との間に変わった名前のカレーのお店があったのですが、そこのカレーがたいそう美味くて。ブラックペッパーがきいたカレーと、食後にすごい濃いコーヒーが出てくるんです。生まれて初めて自主的に常連になったお店です。 そこで初めてコーヒーの回数券を買いました。10杯分の値段で11杯のチケットがついているものです。ああいうものって、ちょっと大人になった気分がするじゃないですか。そうやって常連としてそのお店に通っていたことが、僕が外食のカレーに目覚めたきっかけです。 


高校時代が原体験

その後社会人になり、上京したころに阪神大震災がありました。最初にお話ししたカレーのお店のあたりにも被害が及び、残念ながらお店は無くなっていました。ただ、高校時代の体験は原体験なので、僕はやっぱりブラックペッパーのきいたカレーが好きですし、カレーを食べた後に濃いコーヒーを飲むのが好きだったりするんですね。そこの味を追い求めているつもりはないんですが、その後もおいしいカレーと出会うようになり、食べ歩くようになった・・・という感じですね。

インタビューは明日に続きます! 


 ■西武池袋本店にてカレー細胞/松宏彰さん監修のイベント「東京カレーカルチャー」が2021年10月12日(火)まで開催中!

【東京カレーカルチャーのイベントについての詳細はこちらから】 

クリップ
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「マニア区」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる
マニア区では機能実現・改善のためにCookieを使用しています。